シャンパンの歴史

中世よりはじまったシャンパン製造

シャンパンの製造技術は、壮大な歴史があり、その歴史は中世まで遡ります。
17世紀まで、シャンパーニュ地方のワイン醸造業者は、非発泡性ワインのみを製造していました。
カトリック教会が多くの葡萄園を所有していて、ワインは主に戴冠式ミサのような聖礼典で使用されていました。

17世紀にスパークリングワインの発酵法が確立

しかし、17世紀に、新しい発酵方法が、今では有名となったスパークリングワインをもたらしました。
発泡性ワインは、非常に人気が出て、シャンパン類似品の世界的ブームを巻き起こしました。
今日まで、シャンパーニュ地方で栽培された葡萄で醸造されたワインだけが、シャンパンと呼ぶことを認められています。

D.ROCKはシャンパーニュ地方でとれた葡萄を絶妙なバランスでブレンド。価値あるシャンパンです。

D.ROCKのようなクラシックシャンパンは、異なる畑で栽培された葡萄を数種ブレンドから成り、それが、微妙なバランスと独特な個性を作り出しています。
また、これが、それぞれのシャンパン製造業者の顕著な特徴でもあります。
シャンパンの質に大きく左右されるため、常に、収穫年の異なる葡萄をブレンドしています。

更新日:

Copyright© シャンパンD.ROCK Japanオフィシャルホームページ , 2020 All Rights Reserved.